2019/5/11 八塩温泉神水館

2019/5/11 八塩温泉神水館

土曜日 晴れ

八塩温泉の神水館に宿泊した。同温泉地で唯一、源泉の掛け流しを行っている。日帰り入浴を受け付けていないため、源泉を味わうには宿泊しなければならない。
今回、けっこう立派な宿だが客が少なく貸切だった。休日なのに大丈夫だろうか?改元の10連休の翌週だからか?

男女別の内湯と混浴露天風呂がある。
内湯には42度程度の熱い主浴槽と15度程度の冷たい源泉浴槽がある。

源泉は15度の冷鉱泉で少し冷たい。チョロチョロだが新鮮な源泉が湯口から浴槽に注がれている。浴槽は2人は入れそうな広さで、湯量的にこんな感じだと思う。
湯口の下には茶色の析出物が段々に重なりオブジェと化していた。浴槽の縁には水面に沿ってせり出して析出物がついていた。尖っていて寄りかかると背中が少し痛い。放置すると湯を閉じ込めてしまうのだろうか?浴槽周りも千枚田状になっていた。これは神流川の向かいの白寿の湯と同じような特徴が出ている。
浴槽の湯は薄く緑がかって茶色い。見通しは20cm程ではっきりとした色合い。湯口から出る湯は透明だったので、浴槽内で酸化の過程で細かい粒子が発生して茶色になるのだろう。
飲むとはっきりとした炭酸味があり、少しの鹹味と苦味が感じられた。珍しい味だと思った。
福島の金山町などの炭酸泉みたいなサイダーのように鼻から抜ける爽快感は無い。
匂いは知覚出来ず。
浴室の換気があまりされていないため気温が高く、冷たい源泉がちょうど良いくらいだった。

内湯の熱い方の湯は加温有り加水有り循環、塩素消毒有りである。無味無臭無色透明で湯の特徴はほぼ失われていた。

実は混浴露天の洞窟風呂も神水館のウリである。ただ湯が内湯と同じ加温有り加水有り循環消毒有りのため、私はどうでも良かった。

八塩温泉神水館看板

八塩温泉神水館庭

八塩温泉神水館外観

八塩温泉神水館正面

八塩温泉神水館内観

八塩温泉神水館脱衣場入口

八塩温泉神水館内湯浴室入口

八塩温泉神水館内湯浴室入口貼紙

八塩温泉神水館内湯

八塩温泉神水館源泉浴槽

八塩温泉神水館源泉浴槽湯膜

八塩温泉神水館源泉浴槽入浴中目線

八塩温泉神水館源泉湯口

八塩温泉神水館源泉湯口析出物

八塩温泉神水館源泉浴槽横の床析出物

八塩温泉神水館源泉浴槽の泥

八塩温泉神水館内湯大浴槽入浴中目線

八塩温泉神水館内湯大浴槽湯口横

八塩温泉神水館内湯湯口俯瞰

八塩温泉神水館温泉分析書

八塩温泉神水館露天風呂への通路

八塩温泉神水館露天風呂脱衣場

八塩温泉神水館露天風呂俯瞰

八塩温泉神水館露天風呂湯口

八塩温泉神水館露天風呂入浴時間

Tagged in: 八塩温泉, 群馬県, 藤岡市, 2019年度