2019/3/17 都幾川四季彩館

2019/3/17 都幾川四季彩館

日曜日 晴

埼玉県比企郡、秩父の山並みの麓にある温泉。都幾川温泉といえば日本最高レベルの強アルカリが有名だが、ここは少し下って公営の日帰り入浴施設であら。
pH8.9でまあまあのアルカリ性泉。

外観

施設案内

源泉名は都幾の湯。ナトリウム-塩化物泉。
アルカリ性の主張が目立つが、実は成分総計が9.12g/kgもあり、強塩泉に近いようだ。

ただあまり意識しないで入浴していたためか、湯の使い方のせいか、鹹味には気が付かなかった。

成分分析表

成分分析表 別表

成分分析表 別紙

残念ながら内湯、露天風呂ともに塩素臭が強い。
湯口からは35度位の微妙にぬるい湯が出ていた。浴槽内の温度は42度位、源泉は20度位なので中間の温度ということになる。なんだろう。

肌のツルツル感はそれなりに感じられた。
無臭無色透明。湯口から川っぽい独特の匂いがしたように一瞬感じられたが、よくわからなかった。気のせいかもしれない。

pHのアピールをする掲示があった。白馬八方温泉はわかるが、すぐ近くにあるとき川が書かれていないのは仲が悪いのだろうか?

pH値って?

廊下に足湯あり。

廊下

歴史あり?

天台別院

活字版

Tagged in: 埼玉県, 比企郡, 2018年度, 都幾川温泉