2019/3/11 富士の湯

2019/3/11 富士の湯

月曜日
横浜市鶴見区 富士の湯

矢向駅から歩いて数分の位置にある黒湯の温泉銭湯。

外観

脱衣場

源泉名 富士の湯。
ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉。
成分総計2615mg/kg。

透明度50cm位。少しツルツル感があった。
湯に鼻を近づけると少し塩素消毒の匂いがあった。
内湯と露天風呂があり、いずれも黒湯を使っている。露天風呂が広くて人も少ないので快適だった。
加温有り、循環消毒有り。実は内湯についたカランを捻ると源泉が出たらしい。人が多く入っていたので触れなかった。

成分分析表

メタケイ酸84.7g/kgが目立つ値になっている。
蒲田エリアよりも多く含んでいるようだ。

この分析表、湧出量が書かれていない。

Tagged in: 神奈川県, 横浜市, 2018年度, 矢向温泉