2019/2/9 ながぬま温泉

月曜日 雪 宿泊

バスを使うと札幌から1時間くらいで辿り着くことができる。
加温無し加水無し循環消毒無し
温度はそのままでは50度あるため熱交換器で冷却しているとのこと
中性高張性高温泉。成分含有量21g/kgでなかなかの濃さ。このあたりでは一番か。
北海道でも有数の源泉湧出量があるとのこと。
40人は入れそうな巨大な浴槽の他に、10人サイズの小浴槽、6人サイズの露天風呂浴槽がある。全て掛け流しである。
さらに2人サイズの浴槽もあるが、ジェットバスがついておりそれだけ循環らしい。そこまでしてジェットバスが必要なのか。

飲みやすい鹹味、わずかに鉱物油臭かヨウ素臭、無色透明。よく見ると湯口付近には茶色い湯の花が浮遊している。溶けにくい。
ちなみに浴室内に温度の書いた掲示があるが、全てで飲めませんと書いてあった。
パワーのある湯で長くは入りにくいが満足感は高い。

Tagged in: 2018年度, 北海道, 夕張郡, 長沼温泉