2019/1/4 あゆり温泉

金曜日 晴

pH9.6、湧出温度52.4度のアルカリ高温泉。白河をはさみ福島と栃木に跨ったエリアは似た湯が湧いている。あゆり温泉の他には弘法不動の湯、新菊島温泉、松島温泉を知っている。ある温泉はその中で最も温度が高い(ような気がする)。アルカリは冷鉱泉が多いため高温泉は珍しい。
内湯1つ、露天風呂1つがある。
いずれも同じ源泉を利用していると思われる。温度は44度くらい。睡眠不足かつ食べていない状態で入浴したため、体力が足りずあまり入れなかった。意外と強い湯なのかもしれない。
湯は加水して使用…と思っていたが店内表記によると塩素消毒も行っているとのことだった。塩素臭は感じられないが、確かに、飲むなとも浴場内に書かれていた。
湯口は壁上側にあり、壁面を流しながら湯を注ぐ方式。湯量はかなり多いように見えた。
温泉施設の外に飲泉用の湯口もある。
無味、無臭、無色透明。ややツルツル感あり。

Tagged in: 2018年度, 福島県, 西白河郡, あゆり温泉