2018/12/31 鳴子温泉 姥の湯

月曜日 晴
4つの源泉を持っているとのことだが、1つは宿泊者限定のため、残り3つに入浴した
内湯 芒硝泉
ぬるかった 39度くらい
うっすらと茶色みのある透明 湯船の底は見える
ほぼ無味無臭
湯口周りに茶色の層ができていた 周りは析出物でギザギザになっていた
浴室の音響がよいのが気に入った
石壁で作られた直方体の浴室なのか、湯の流れる音が響いて心地よかった
内湯 硫黄泉
ほんの少し緑がかった白濁 見通し15cmくらい
飲んでみると今日の中で一番の苦みがあった
42度くらい
混浴露天風呂 単純アルカリ泉
甘かった
透明
あとぬるかった

Tagged in: 2018年度, 宮城県, 大崎市, 鳴子温泉