2018/12/31 鳴子温泉 東多賀の湯

月曜日 晴

西多賀の湯のすぐ隣なのに全然異なる湯
濃い白濁 杏仁豆腐のような白 見通しは5cm程しかない
硫化水素臭 酸味
ペットボトルで飲んだら西多賀の湯と似た、清涼感のある苦味だった
湯口から透明な湯がドバドバ注がれていた
常時湯船の全方位にオーバフローしている
それでも湯が余るのか、シャワーがわりのつもりか反対側にも湯口があり、大量の湯が捨てられていた
大量の湯が流れる音が2方向からするのはよい 止まってゆっくり入りたいところだ
ここは加温もしていないとのことで、日によって熱かったりぬるかったりするらしい 今回は湯船の温度が43度くらいで快適だった

Tagged in: 2018年度, 宮城県, 大崎市, 鳴子温泉