2018/12/17 奥塩原新湯温泉 白樺荘

月曜日

中の湯と同じ源泉を利用する旅館に泊まった。内湯の男湯は源泉井戸のすぐ隣りにある。
男女別の内湯と、混浴の露天風呂がある。
源泉はいずれも同じで、中の湯ともまた同じである。各浴室量は中の湯と比べて少ないが、施設内の各浴槽へ配分しているのだろう。
濃厚な硫化水素臭。
微細な湯の華が浮遊し白濁。内湯は僅かに緑がかっている。見通し30cmほど。
はっきりした酸味。

Tagged in: 2018年度, 奥塩原新湯温泉, 栃木県, 那須塩原市