2018/7/14 おふろcafe 白寿の湯

晴れ

閉店30分前に駆け込んだ為わずかな時間しか入浴できなかった

25.4度の低温泉の源泉と加温循環湯が浴槽に個別に入れられており、浴槽内で40度くらいに調整されている

加水は濃度調整のために行っているとのことだ

露天風呂と内湯があるが、ぬるい露天風呂の方が源泉供給量が多いのかもしれない

成分統計36g/kgの強塩泉である
実際には加水により31g/kgになっているらしい
首都圏近郊では、楽天地温泉法典の湯の32g/kgと近い極めて濃厚な強塩泉

鹹味苦味があるが美味しいレベル
無臭
透明な茶色
加温加水循環消毒あり

床が特徴的で炭酸カルシウム析出物による千枚田が形成されている
関東ではとても珍しい

Tagged in: 2018年度, 群馬県, 児玉郡