2018/7/1 月待ちの湯

都留市

源泉を感じられる浴槽は1つだけで、最大では6人程度入れる しかし地元民が自由に入っていると3人でも満員な感じになる 源泉35度を使っているため回転が極めて悪く、源泉浴槽へ入るために苦労する またその源泉浴槽も桃の葉を入れてアレンジを行っているため、源泉そのままに入れる浴槽は無い

他は大きな浴槽が3, 4つほどあるが、いずれも温泉は感じられない 掲示を見るとこれらも加温加水循環消毒ありで温泉を利用しているようにも読めるが、いずれにせよ単なる水道水との違いは分からず

源泉は無味無臭だが淡黄色と変わった色をしていた しかし温泉成分分析表を見ると無色透明とあり桃の葉による色の可能性がある

山梨県には多いが温泉学の先生の解説が掲示されている

Tagged in: 2018年度, 山梨県, 都留市