2018/6/30 毒沢鉱泉神の湯

上諏訪町

宿泊した

やや水っぽい酸味 苦味あり
無臭

透明 時間が経つと茶褐色の湯の華が浮遊 加温浴槽は湯全体が茶褐色になっているが底まで見える

加温浴槽と源泉冷浴槽の2つがある

加温浴槽は加温循環消毒有りである
もともとの湯が個性的なためか、循環とは気づきにくい 塩素臭等は無い

源泉は2度(気温2度時)の冷泉で、 源泉をそのまま使っている 浴槽は1人入れば満員の小さなもの 壁についた小さい源泉湯口からチョロチョロと鉱泉が注がれる 湯は基本的に透明だが、入浴していると小さな茶色い浮遊物があることに気付く 分析表上は湯温2度だが、今日は25度程もあるように感じられた 暑い日なったからかもしれない 前回秋に来た時はもう少し冷たかったと記憶している常に気温に近い湯が出るのだろうか

湯は酸性、さらに含鉄(II)-アルミニウム-硫酸塩泉ととても珍しい 入浴してもあまり分からないが舐めると酸味と苦味がある それなりに疲れる湯だが、休みながらならば何度も入浴できる感じである 全体的に狭い上、源泉浴槽は取り合いになるので他の人が居ない時間にゆっくり入れると良い

Tagged in: 2018年度, 長野県, 諏訪郡, 毒沢鉱泉